スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若き(?)嘘翡翠の悩み ~QMAⅧ稼動開始~

東日本大震災の影響もあり、一時は稼動を危ぶまれていたQMAⅧでございましたが
何とか全国的に稼動開始を展開出来ているという情報が多く入ってきておりますね。
被災地である宮城県や福島県接続のプレーヤー様とマッチング出来た時は
感動に似た感情を隠し得なかったというような事も多々ございました。

しかし震災による影響が現時点で収束したとは露ほども思えないという点も事実。
それどころか、様々なメディアからの情報を読む限りでは日に日により深刻な内容へと移り変わっていくかの
ようなニュースが未だなお流れ続けているという悲しい現実も受け入れなければなりません。
まだまだ平穏な頃の日々を取り戻すには時間のかかる事もあろうかと思いますが
今こそ国民全員が一丸となって団結する時。不肖この私もいち日本国民として
自身が可能な限りの努力と援助を続けて行きたいと思っております今日この頃です。


さて、まずは相変わらずの鈍足ペースでの更新となってしまいました事をお詫び致しますm(_ _)m
この鈍足クオリティは作品を改めてもどうやらこの嘘翡翠は変えるつもりは無いようです(←
それどころか作を追うごとに更に鈍足になりつつあるとか(ry
そんなわけで今作でもこの超が付くほどの鈍足ペースでのブログ運営を続けていくのでしょうが
皆々様様、今作も何卒嘘ひす…じゃなかった、嘘翡翠モジャラケをよろしくお願い致します( ^ω^)

という訳で本日は近況報告でも。前述の通り、無事静岡県においてもQMAⅧが稼動開始致しました。
「静岡なんて元々地震の影響なんかほとんどねーじゃん!」と仰られるそこの皆様。それは違いますよ?
東日本大震災の影響故なのか否かはよく分かっていないようですが、ここ静岡県でも
それなりに大きめの震度を誇る地震が先月15日に起こっているのですから
言うなれば我等は半被災者。富士宮市の最果てとも言えるウルトラ田舎地域に住む私達は
せいぜい被害状況は屋根の瓦が数枚落ちる程度で済みましたが、震源に近かった方では
古めの家屋が全壊するなどの被害もあったわけですしあんまり他人事のように思っている訳にも参りません。

…あ、そういえばⅥ時代までは富士宮市内唯一のQMA稼動店舗だった
ゲームオフ富士宮とかって今どうなってるんでしょう?
あちらは15日の地震の震源地にかなり近い地域だったと思うので被害もそれなりにあるのでしょうが
ともかくこれで更に富士宮市内でのQMA復活の望みは薄れたと言わざるを得ないのかも知れないorz
いくら糞田舎だからって1件ぐらいQMA稼動店舗ぐらい作りましょうよー、ねぇ?
田舎は田舎だって小さいゲーセンクラスの建物ならいくつか点在してるんですし
最低限イオン富士宮3階のタイトーステーションぐらいの建物だったら置いてあったって不思議じゃないと
思うんですけどねぇ。ちなみにあそこQMAは無いですがAnswer×Answerは置いてあります(←
2台しか無い上にクレ設定も良くなく(100円1クレ)
元々AnAnはそこまでやっている訳ではないので(現在アンサー六段)
はっきり言ってしまうと個人的にはまったく魅力がない。名のあるゲーセンだと言うのに惜しいこと惜しいこと。
あれ?そもそも今あそこ営業してないんだっけ?市民なのに知りません(←


おっと話が逸れた。閑話休題。
そんな訳で今作も度々富士市内の様々なゲーセンに出没しながら
ちょこちょことQMAⅧのプレーも進めているわけですが、100円2クレの環境に慣れすぎた我が身としては
いくらデフォルト設定とはいえ100円1クレ(+予習1周)の中での環境では
なかなか思うように廃プレーに勤しめていないというのも現実ですね(;^ω^)
その影響か現在の階級は未だ大魔道士4級(5級だったかも)というライトっぷりですw
ホーム(サードプラネット富士)が予習1周設定と言う事も手伝って☆埋めどころか自武器の予習すら
ままなっていないというこの状況。おかげで新問発掘もほとんどと言っていいほど出来ておりません。
戦国時代検定の新問とおぼしき問題ならば死ぬほど見かけましたが(←
しかも検定厨になりたいのに期間限定ですら値下げを行ってくれる店舗が近隣に全く無いってのも困り者です。
そういえばⅦの稼動初期の頃も同じような事思っていたような(ハリウッド映画検定がありました故)…
ちくしょー、何で私のやりたい検定は得てしてQMA新作稼動初期頃にしか配信されないんだよー!
しかもQMAⅤ時代はハリウッド映画検定が最後の配信検定だったというこの間の悪さ。
こいつはⅧ稼動終期頃にまたハリウッド映画検定でも配信して頂けないと納得が行きません(←

今書いてて気が付きました。
検定とトナメを中途半端に齧っているから☆埋めままなってないってのも大きいですよねorz
☆埋めに必要な予習回数はⅦに比べて更に減少した訳ですし、それなら予習1周設定でも
そこそこは埋めることぐらい出来るんじゃあ…つってもこれは仕方ないですよね(;^ω^)
そもそも私がハマるような検定が配信されるような事でさえ滅多にないことでしょうから。
何故って?とことんマイナーモノ好きの私が好むような検定試験なんて
そんな都合よく配信される訳ないじゃないですか( ω^)^←

「こんな問題あったらいいよなー」とか「この問題文おかしい!内容変えるべき(キリッ」とか
ほぼ日常的に思えてしまえるような私はおそらくコンマイ様とはあまり息が合わないのかもしれないorz

まぁ何が言いたいかっていうと
「QMAⅦのヒロイン検定には心底絶望したぜ」
って事です(ヒロイン検定を楽しんでプレーされていた皆様ごめんなさい)

また話が逸れそうになった。私の悪い癖ですね(;^ω^)
そんなこんなで現時点では以前よりはややライト化しているとも言える状況なのですが
QMAⅧをプレーするにあたって嘘翡翠にはいくつか悩んでいる事象がございます。

【元嘘翡翠の悩み1:今作は何色の宝石賢者になろうか?】
えー、まずここで声を大にして言いたい事がひとつございます。
わたくし元嘘翡翠モジャラケは今作QMAⅧでは
翡翠賢者を目指すという気は全くございません。


理由はもう私が今更言うまでも無い事とは思いますが
2作品連続で(QMAⅥ、Ⅶ)翡翠賢者の肩書きを得ることが出来たものの
翡翠賢者として恥ずかしくないような成績を残すことが出来ていたか?と聞かれると
それは天地が裂けたとしても我が首を縦にふることは出来ないかと思います。
それは、大会などで私に会った事のある方々やトナメでマッチングしたりした方々ならばよくご存知かと。

QMAⅦにおいて名匠戦という大きな大きな目標を掲げてひたすら芸能の特訓に取り掛かることにより
以前までは見るのさえ嫌いだった芸能問に関して多大な興味を抱けた事は事実。
ブート等を通して皆様と切磋琢磨しあう事によりその実力も高められ
いつにない程に芸能というジャンルが好きになっていたという事も事実です。
芸能というジャンルが好きという意識ならば今も自身を持ってそう言える事かと思います。

しかし、名匠戦が終了してからというものの
興味を持った筈の芸能ジャンルの予習は以前までと変わらぬパネル系のみの予習という流れに戻してしまい
また、名匠戦にてそれなりの見せ場を作れたことにより妙な拘りを抱いてしまったが故に
その予習内容の大半も並べ替えのみに費やすという、翡翠賢者らしからぬ行為に手を出し始めました。
その影響か、QMAⅥではメイン武器として0から鍛えた筈のパネル総合があったにも関わらず
文字パネル、スロット共に大きく精度を落としてしまう事にも成り果ててしまいました。
名匠戦前まではキーボード系の予習なんかも多く入れて予習を行っていたというのに
もうここら辺りは既に見る影もありません。

名匠戦翠に参戦して真の翡翠賢者様達を多くこの目に焼きつけ、
真の翡翠賢者とはいかなるべきかという事を多分に学んだ筈だというのに
私は1つの物に拘る代わりにそれ以外の物を犠牲にするなどという愚行に及び始めたのです。
私の住む静岡県内だけで見ても素晴らしい翡翠賢者の方々がいらっしゃいます。
かの方々は芸能というジャンル内ならばどのような形式であろうと関係なくコンスタントに正解を重ね
「芸能といえばこの人」という印象を多くのプレーヤーから持たれております。
これこそが真の翡翠賢者、もとい真の宝石賢者とも言えるべき存在なのでしょう。

現時点での私がこのような真似をするなど確実に不可能です。
今まで僅かながらも真似をしようとしていた事でさえ失礼極まりなかったとも言える事でしょう。
なので私は決めました。芸能は好きなジャンルだけに留め、翡翠賢者の名を冠されるのはもう止めようと。
正直私には不相応な肩書きですしね。だって皆様信じられます?
翡翠賢者の名を2年も連続で名乗っておきながら
未だにどの番組がどのテレビ局で放映されているかとか
どのアナウンサーがどのテレビ局に所属しているかとかという問題で頭を抱えてしまうような奴を。
これらの問題は私が芸能で最も苦手とする範囲と思っていますが、正解率を見てみるとこれらの問題は
おおよそ6~7割程度の正解率、低くても5割程度の高正解率を維持しているのは明白。
芸能が得意な方ならば何てことはない問題だと思います。空気問のレベルとも言えるのでしょう。
しかし私はこれらの問題でまともに正解を掴み取れたという事象例が殆どありません。
このまま今作でも翡翠賢者の名を語るようでは本当に全国の栄えある翡翠賢者の皆様に申し訳が立ちません。

そんな訳で、元嘘翡翠モジャラケは今作では翡翠賢者の名を捨てる事を決意致しました。
皆様どうかご理解頂ければ幸いでございますm(_ _)m


…え?何となくいい話っぽくまとめようとしているけど
結局翡翠賢者にならなかったとしても最終的に宝石賢者に到達させるのなら
得意ジャンルと言える得意ジャンルのない私にとっては
どのジャンルの色の宝石賢者になっても同じ事が言えるんじゃないかって??



それは…えっと…なんだ…まぁ…その……




と、ともかく今作では私は翡翠賢者以外の
色の宝石賢者を目指したいと思っております(;^ω^)
文面では色々と書きましたがあんまり深刻に受け取って頂く必要はないです(;^ω^)
結局また何かの原因で熱が入って「翡翠賢者目指すことにしました(キリッ」とか
そんな事を言いそうな点も、ほら、私なら十分考えられることでしょ?( ω^)^←
だからあんまり深刻に受け取ってもらう必要は……え?なになに?

だったら上記の長~~い相変わらず
まとまりのない文章全部撤回しろ?

折角書いたしメンドクサイから嫌です(←←←

あとブログのタイトル名も変更しろ?
んな事いってもいいネタが思いつかないw
「蒼月たかねちゃんマジ天使」とかに変えればいいんですか?( ω)^^←←←



【元嘘翡翠の悩み2:サブカどうしよう?】
持っておられる方は相当な枚数を持たれているサブカードの存在。
今まで私はQMAをプレーするにあたって


とりあえず初期はメインカードのみでプレー

↓(数ヵ月後、7月くらい?)

メインがある程度の段位まで上がったらサブカを動かし始める(サブカ1枚目)

↓(数ヵ月後、10月くらい?)

ここら辺りでネタCNカードを作りたいと思い始める(サブカ2枚目)

↓(数ヵ月後、12月くらい?)

ネタCNカードに飽き始めてくる(サブカ3枚目用意)

↓(年が明けて1月くらい)

もう今作も終期だし、使った事のないキャラでプレーしてみたいと思い始める(サブカ4枚目)



稼動終了



と、こんな感じでなんともまとまりのない行き当たりばったりなスタイルでプレーを続けておりました。
しかし、折角新しくデータ作ってプレーするんだから、そんな感じのテキトーなプレースタイルで
続けていてはメリハリが感じられないし、何よりサブカの存在に失礼だ。
そんな事を思い始め、今作ではきちんとサブカを計画立てて育成(?)していこうかと思っとります( ^ω^)

計画っつっても、どの時期にこのカードだけ動かすとか、そういったような計画は立てられないので
(と言うか立てても実践出来なさそうだしw)
最低限このデータだけは作る!と今取り決め、公表しておく事に致しました( ^ω^)
あんまり記事にするような内容でもないような気がするけど(←

取り敢えず現時点で採用を考えているサブカの存在はこちら(まだ1枚もデータ作ってませんが)

せきやくん@リック
Aつきたかね@マヤ
さえきこずえ@アイコ
こんのゆうき@シャロン
くDつばさこ@ユリ


元ネタに関してはお察しください(←
散々私が語ったことのある神ゲーからの出典なんで今更説明するまでもないかと( ω^)^←
ちなみにこれらのCNは1分とかからずに決まりましたが、キャラを決めるまでに3日ほどかかりましたw
だってなかなかしっくり来るようなキャラ当てが決まらなかったんだもん…

ちなみにこれらのデータで「このカードはこのジャンル縛り」みたいな条件は基本的につけません。
というか縛りが出来るほど現時点での実力が足りないというのが最たる理由です( ω^)^←

これらのサブカの全体的な特徴。
元ネタに気付いてくれる方が限りなく少なそうな件。

一応個々に少~し解説をば。

<せきやくん@リック>
懐かしいなあ、このCNのサブカでⅥ時代オンオフとかよく出ていたものでした( ^ω^)
あの時はキャラはレオンでしたけど。階級も賢者初段止まりだったしw
ちなみにこのデータに使用するカードはⅤ時代、初めて足を踏み入れた秋葉原のレジャーランド1号店にて
「記念にここでパスでも買っていこうかな( ^ω^)」等と思い購入したカードです(確か400円)。
Ⅴ時代は同じくレオンで「Sやともたか」というCNでプレーしておりました。魔道士くらいまで行ったっけ?
ネーミングが某主人公のデフォルトネームから取っているだけあって余計に元ネタに気付いてもらえなそうorz
でも別にいいよね?小説版でもドラマCD版でもこの名前採用されてたし…

なんでリックかって?適当です(オイ


<Aつきたかね@マヤ>
このデータはⅦ時代のサブカを継続して使っていく事になるかと思います( ^ω^)
何とかⅦで賢者までは昇格できたし、予習形式も最初から開放されているんですよね?
まぁ我が永遠の嫁の名を冠したデータですし、あんまり無様な戦いは披露したくないものですね(;^ω^)
ちなみにこのデータで使用するカードはⅣ時代の超ライト時代に某友人からタダで頂いたものです(←
Ⅳ、Ⅴと実はカイルでこのカード使ってプレーしてたり。元CNは某戦国無双の登場人物でしたw

マヤを選んだ理由?長髪だから。それだけです(←
実際の彼女はセミロング程度の長さなのでマヤほど長髪じゃないんですけどね(;^ω^)
流石にマラリヤだとイメージ違いすぎだしなぁ(マヤでも大分違うけど、それでも近い方だと思う)。


<さえきこずえ@アイコ>
恐らくは前作作成したネタCNデータ「かみゲTLS」(ハルト)をこのデータに継承することかと思われます。
あのネタカード、成績は優れなかったけどそこそこ身内対戦で笑い取れたからもういいや(←
以前ドルジ様に「これメインで使用したら面白そう」とか言われましたがサブカでいいです(;^ω^)
アイコとか使ったことないので新鮮ですねぇ、楽しみだなぁ( ^ω^)

アイコを選んだ理由は何となくビジュアル的に一番似てるかなー?とかちょっと思えたから。
性格的には真逆の存在ですがw
アイコもどこかでブチ切れて小魔神とかいう二つ名が付いてたりしたら最高だったのにー!(意味不明


<こんのゆうき@シャロン>
上記に各データのキャラクタを決めるのに3日ほどかかったと前述しましたが…
そのうち2日くらい使って考えに考えたのがこのデータです(;^ω^)
だってQMAって遊季みたいなツインテールの髪型の子ってなかなかいないんだもん…。
はっきり言って共通点はほっとんどありません。性格的にも見た目的にもスタイル的にも(←
う~ん、強いて言えばツンデレ属性持ち?でも遊季ってあれツンデレっていうのか?
EDでの台詞は何となくツンデレっぽかったけど。
赤い顔して目だけこっち向いて「わ、わかったわよ…」とか。
恐らく元ネタ神ゲーをご存知の方ほど違和感を感じるデータになると思います(;^ω^)

多分このデータは前作で黄金賢者まで育てたシャロンのカードを引継ぎかな?


<くDつばさこ@ユリ>
名前発音しづらいって?気にするな!(←
名前の部分だけ完全に入れたかったからネーミング考えたらこの有様だよ!
でもユリのイメージとはかなりリンクしてると思うのでなかなか個人的には上手いこと考えたなぁとw
だってユリも実際に学校にいたら「白い御飯が一番好き」とか「体育無くてつまんな~い」とか
ほら、何となく言いそうじゃないですか?( ω^)^←
もっとも翼子の髪型をあれポニーテールって言うのか?って点は疑問ですが…
まぁいいか。彼女のキャラソンの歌詞に「ポニーテール走れ」ってあったし( ^ω^)
私的にはポニーテールというかTLS2の木地本の髪型にしか見えないけど(←←←

多分このデータは長らく使用していなかった
Ⅴ時代にジョイスクエア静岡で購入した限定パスを使用していく事になると思います。
Ⅴ時代はこのデータに某らき☆すたの登場人物名を入れてプレーしてたりしたんですが
上級魔術士も行かないうちにデータが期限切れ起こしたような気がする(←


とまあそんな感じです( ^ω^)
趣味全開にした下らんCNの集まりだとか言わない言わないw
今作はサブカ全部で5枚か~。メインカード宝石まで上げられんのかなぁ?
だからと言ってメインカードを長い間雲隠れさせる訳にもいかないし、どうしたものか。


そんな感じのスタンスで、元嘘翡翠は今作もプレーを続けていこうかと思いますゆえ
皆様、何卒今作でもよろしくお願い致しますm(_ _)m(深々)



記事内容の大半が下らん趣味の内容で満ちてるとか言わない言わない(←
結局の所「悩み」とかもどーでもいい事しかなかったとか言わない言わない(←←
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうですか・・・

どうもご無沙汰です。先日の地震の際はご無事で何よりでした。
大震災から1ヶ月が経ちましたが、未だに慌しい日々が続いていますね。
一刻も早く元の平和な生活が戻ってくれることを願うばかりです。

そして今作のモジャさんの方針については、正直なところ残念な気持ちです。
僕もジュリア・ロバーツとジョディ・フォスター、ニコール・キッドマンとナタリー・ポートマン、
ケーリー・グラントとゲーリー・クーパー、デビッド・リンチとデビッド・リーンの違いが未だにわからないので似たようなものです^^;
ですが、皆さんそれぞれの考えがありますからこればかりは仕方がないことですよね。
まぁ、モジャさんでしたら元々物化を中心に理系正解率が高いですし、文系では戦国がありますし、
ライスタではスロットがありますし、スポ・社会も克服なさっているものがありますし、
アニゲも他の追随を許さないぁぉぃ分野がありますし( ^ω^)
どの色にもなれる可能性は十分有ると思います。
相手のグラフによって投げるモノを投げ分けてみるのも面白いと思いますよ。
現に前作の僕がそうでした。なので宝石到達の瞬間は正直自分でも何色になるか想像がつかずドキドキでした。
まぁ、その結果嘘琥珀になってしまったんですががが(ノ∀`)

私事で恐縮ですが、今作は前作とは一転、大ボスとマッチした1戦を除き決勝では芸能しか投げていません。
自由形式で「四択(攻め)」→「並べ替え(守り)」→「その他(好き)」というパターンがほぼ固定化してきました。
並べ替えは「ルトガー・ハウアー」や「イーライ・ロス」、「丹阿弥谷津子」を間違えるなどモジャさんの精度にはまだまだ及びませんが、
なんとかおかげ様で9割をキープできています。
ですが、、、モジャさんが以前おっしゃっていた「芸並は刺さらない」という言葉の意味がだいぶわかってきました(;^ω^)
空気問は勿論のこと、少し頭を捻れば解けてしまうような問題は緑1の人でも皆即答してくるんですよね。
どれか一つマルチ系を投げられれば心強いんですが・・・
まだまだ僕も真の翡翠には程遠いので引き続き芸能を投げ続けて、今作は何の捻りもなく翡翠賢者になろうと思います(`・ω・´)

では、今作でもマッチングできるときを楽しみにしています。

レスでございます>ドルジ様

お久しぶりでございます( ^ω^)先日の静岡地震の際には
「これ以上揺れたら本当にこのウチ倒壊しちゃうんじゃなかろーか」などと
揺らされながらも不謹慎な事を考えさせられるような不安な気持ちにもなりましたが
この通りゴキブリ並みの生命力と運の強さで無事に生き延びております( ^ω^)b

しかし東日本大震災の余波は未だ止まる事を知らぬかのような活動を見せておりますし
今後もますますの警戒と多くの被災者様方への援助を続けて行かねばなりませんね。
今はただまた穏やかな毎日を過ごせる日常が1日も早く戻る事を祈るばかりでございます。

さて、本記事の発言についてですが…
Ⅵ時代より店内対戦やブートを通じて様々な面で芸能ジャンル強化の御面倒を見て頂いた
ドルジ様には、ご期待を裏切らせるかのような失礼な発言をしてしまいました事を
まずはお詫びさせて頂きたく思います。申し訳ありませんでしたm(_ _)m
私は名匠戦という大舞台にて(エキシビション含め)芸能並べ替え縛りにて2度きりとは言え
1位を取れてしまえたと言う点、ギリギリの成績ながらも2回戦進出を決められたという点を
目の当たりにした事で、正直調子に乗りすぎていたと言えるのかも知れません。
あの時ドルジ様を始め多くの翡翠賢者の皆様から賞賛の言葉を頂けたという事でそれは更に加速し
いつしか自分は真の翡翠賢者になれてしまったのかと錯覚を覚えるかのような事さえありました。
実際には真の翡翠賢者に到達するには知識も努力も経験も全く足りていなかったと言うのに。

それを強く感じさせられたのはⅧが稼動してから数日後、何気なくマイルームで正解率確認をした時。
Ⅶ稼動終了時と比較すると現時点での私の芸能正解率は、数字だけで見ると
何と5%程も正解率が下降しているという現実を突きつけられた時でした。
稼動当初は芸能の正解率グラフが5を保てていたのに、いつの間にかあっさりと4へと降下していた
事も手伝い、私は自身の錯覚からようやく目を覚ませたような気が致しました。
そう言えばここ最近予選や準決勝において芸能が絡んでいたのにあっけなく敗北するという
シチュエーションも珍しいものでは無くなっているような感も拭えませんし
確かに芸能全般の強化を図っていた時期があったにも関わらず
私の総合的な芸能の精度というものはちっとも強化できていないという点に改めて気付かされました。

普通の翡翠賢者であれば回収など必要ないような問題であっても私は回収せねば正解できない。
考え直してみると、このような場面に今も昔もあまりにも多く遭遇してきてしまったのですね。
QMAという作品においてはそのゲームの性質上、様々な宝石賢者を体験したいが為に
自分とは本来不向きな色の宝石賢者を目指されているような方が多くおられる事も分かっています。
そのような方々を批判する等とは一切思っておりませんし
それはQMAというゲームにおいて自身の弱点克服にもなる素晴らしい手法だと認識しています。
しかし私の場合は2年以上も取り組んできたと言うのにあまりにも進歩が見られないと言うか
このままでは個人的にどうも納得が行かないような気も感じられまして、此度の記事を書いた次第でございます。

やはり真の翡翠賢者たるもの、ドルジ様のような芸能全般を愛される方こそが相応しい称号。
是非とも、今作も素晴らしい翡翠賢者のご誕生を今から期待しております( ^ω^)

とは言え、私は芸能ジャンルが嫌いになったとか、興味が持てなくなったとか
そういう境地に至った訳では毛頭ございませんので
今作でも「好きなジャンル」のひとつとして芸能の強化はもちろん行っていくつもりではあります。
都合が付けば、また名匠戦翠にも参加させて頂きたいとも思っております。
翡翠賢者は取り敢えず今作では名乗る気はありませんが、いち芸能ジャンルを愛する者として
今作では違う色の宝石賢者を名乗らせて頂く事を目標として、また頑張りたいと思います( ^ω^)
せっかく前作の終期頃に色々なジャンルや形式に興味を持ち始めて予習を回しまくったという点も
決して無駄にはしたくないですし、ならば今作ではそれらの形式を使用して
以前では翡翠以上に考えられなかった可能性の宝石賢者にも達してみたいなぁと考えた節もありまして
…って、こんな事言ってるとまたとんでもない程実力の低い嘘宝石が誕生する事になってしまうでorz

まぁ仕方ないです。私には「このジャンルなら大丈夫!」等と胸を張って言えるようなジャンルはないですし
今作でどれか1つのジャンル全般を極めるという崇高な目標も持っておりませんし
いずれの色になるにしても恐らく今作も嘘宝石賢者という結末は逃れられない事かと思いますが
今作では自身の可能性に挑戦するという事で、自武器を着実に磨きながら上へ上へと進んでいきたいと思います。

ちなみに現時点では将来の宝石賢者の候補としては嘘黄玉か嘘琥珀のどちらかと言った所です(←
(Ⅷ稼動後に自分が決勝戦で投下してきた履歴を単純に考えたところの結果ですw)
もしこれが現実になったらかつてない程の超茶臼宝石賢者が登場してしまいますぞ?( ω^)^←
ああやばい、今の内に1年後に書くであろう今記事のような嘘宝石に関する謝罪文を用意しておかねばw
そうだ、もういっその事今作では天青とか紅玉狙うとか…うわなにをするやめくぁwせdrftgyふじこlp

ではでは、長くなりましたが今作でも何卒よろしくお願い致しますm(_ _)m

p.s. 確かにゲーリー・クーパーとケーリー・グラントは紛らわしい(ぇ
「ケーリー・グラントが出演した映画を全て選べ」みたいな多答問題、
Ⅶ時代では正解率1桁だったような気さえします(;^ω^)
(正解選択肢でぱっと浮かぶのが「北北西に進路を取れ」「汚名」「シャレード」
 「泥棒成金」ぐらい…まだあるのかな?)
実はわたくしケーリー・グラントの方よく知りませんので、あの問題に遭遇した時には
ゲーリー・クーパーが出演した映画を全部外して答えるようなチキン解答で何とかやり過ごしておりますw
あと○×でも「北北西に進路を取れ」の主演俳優を聞かれるような問題もあったような…

関係ないですがダイ・ハード1作目でマクレーン刑事が「お前はジョン・ウェインか?」みたいに聞かれた所
「俺はゲーリー・クーパーだ!」と満面の笑みで答えるようなシーンが存在しますね( ^ω^)
中の人プロフィール

モジャラケ

Author:モジャラケ
わたしは もともとうそひすいけんじゃモジャラケ
げいのうにかんしては まったくもってくわしくありませんが
これでもくまではもともとひすいけんじゃです
ちなみにマージャンファイトクラブでは こうりゅうをなのっておりますが じつりょくはいまひとつです
ゆえに わたしはうそこうりゅうです
わたしがピ〇キオだったらおそらくはなのながさがもうちきゅういっしゅうぶんぐらいしてそうなほどかもしれません

ふけてみられることがおおいわがみですが
1988ねん6がつ6にちうまれ
これでもまだ25さいです
さんざんうそしょうごうをなのっているわたしですが これにかんしてはうそではありません
だからわたしをオッサンよばわりするのだけは どうかやめていただきたい
てんけいてきなBがたにんげんだとおもっていたのに
よくAがたといわれるのはいまだにりゆうがわかりません
マイペースでじこちゅうでめんどくさがりできぶんやでらくてんてきなわたしはどこからどうみてもBがたにんげんできまりでしょうに
げせぬ

おもにプレーしているアーケードゲームはじょうじゅつのとおりクイズマジックアカデミーとマージャンファイトクラブです
といっても さいきんはほとんどプレーできてはいませんが
くわしいことは したにありますそれぞれのプロフィールをごらんになってください

すきなゲームはトゥルーラブストーリーとかファイアーエムブレムとかせんごくむそうとかロックマンとかしょきのドラクエとかしょきのエフエフとかドラゴンボールとかポケモンとかブイまでのももてつとかほかたくさん
すきなまんがはカードキャプターさくらとからきすたとかけいおんとかドラゴンボールとかちょびっツとかきんだいちとかほかいろいろ
すきなえいがはダイハードとかマスクとかチャーリーズエンジェルとかホームアローンとかランボーとかミッションインポッシブルとかタワーリングインフェルノとかひとむかしまえのアメリカンニューシネマとかほかとてもたくさん
しゅみというものはいくらあげてもつきませんね
おかげでプロフィールらんがパンパンだぜ

とりあえず こんなかんじのなぞのじんぶつらしいです
よろしければ
ごいっしょさせてください

QMAプロフィール
KONAMIの大人気クイズゲーム、クイズマジックアカデミーにおける個人データ…は最新作の賢者の扉Season2では未だありません…というかそんなん作れるほどまだやってない(ぉ

※各QMA最終段位
QMA1~3:未プレー
QMA4:賢者五段
QMA5:白銀賢者五段
QMA6:嘘翡翠賢者
QMA7:嘘翡翠賢者六段
QMA8:白金賢者二段
QMA賢扉:大賢者三段

QMAは4からスタート、5までは自他共に認めるライトプレーヤーでしたが、当時は白銀賢者とかまで到達出来ただけで物凄い達成感を感じられていたのですから不思議なものです(←

今作のプレー方針は未だこれといって決まってはいませんが、QMA8終期の頃のような低いモチベを維持してしまうような事だけは取りあえず無くしたい…なぁ。願わくば今作は翡翠以外の宝石賢者も狙いたい!

…とか抜かしてた頃が懐かしく思える程に現在は色々あってスーパーライト化しておりますorzorz
先生、いつかまた6や7の頃のようにプレーできる時間が欲しいです……

まぁそんな訳で現在ではプレー出来る日の方が珍しくなっちゃってますが(泣)、マッチングした際にはよろしくお願い致します( ^ω^)
MFCプロフィール
KONAMIの大人気麻雀ゲーム、麻雀格闘倶楽部における個人データです。
画像がでか過ぎる所為で対局成績とか何も載ってないけどま、いいか(←


実はデビューはQMAよりも早く、4か5の頃にスタートしたのですが、段位獲得すらままならぬ程のスパイラルを長年続けておりましたので、QMA以上に実力は劣ると思いますorz

属性は一目瞭然で青龍ですが、青龍になった理由は一級時代に国士無双を和了れたから。
実際の指数を見てみると多分玄武です。本性はチキンだもんで←

現在黄龍レベル4。何故か大してプレーしてない割には着実にレベルが上がってます←
これは自分の雀力が上がってると実感して良いのだろうか…って、自惚れは禁物ですよね(;^ω^)

という訳で、こちらもマッチングした際には何卒お手柔らかにお願い致します( ^ω^)
とりあえず一言
夏が来る…夏が来てしまう…!俺の一年間で地獄とも呼べる灼熱の期間が…!就職とかだけじゃなくて、実際の気温的にも氷河期とかいっそ来てくれれば良いのに( ^  つω  ^ )
今日の名言(?)
「おれが こわくないのか? ほほー かんしん かんしん」(出典:ファイナルファンタジー)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。