スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月15日って、そういえばファミコン本体の発売日と一緒だなあ。

どうもこんばんは、本日のQMA最終プレーにおいて
保存できませんでした+強制排出の罠にかかった元嘘翡翠です(←

検定1回30個分だったからまだ良かったけどさぁ……
これがプラチナゲットの回とかだったらマジ凹みますね……
まして私のようなプラチナメダルを取れる事自体が奇跡に近いような者としては。


まぁそんな事は取り敢えず置いときましょう。
ところで皆様、このパッケを見てください、こいつをどう思います?( ^ω^)

PA0_0002.jpg


すごく……面白そうです…………( ω^)^←

…と言うわけで、元嘘翡翠モジャラケ、先日15日に待ちに待った
「ファイアーエムブレム 新・紋章の謎」を購入致しました!!!!
(以降「ファイアーエムブレム」は「FE」と表記させて頂きます)

発売日当日にゲーム買うのなんて何年ぶりだろ(←
とはいえ、FEの中では人気も高い紋章の謎、きっとファンの皆様は首を長くして待ち望んでいた事でしょう!
その日はQMAをプレーするのも忘れて一エムブレマーとなっておりましたw

このゲームはタイトルの通り、スーパーファミコンで発売されたゲーム「FE 紋章の謎」の
第2部にあたる英雄戦争編をリメイクした作品です。
第1部にあたる暗黒戦争編は収録されておりません。
また、本編序章にあたる「前日編」をクリアすることで、かつてサテラビューで配信されていた
「BSFE アカネイア戦記」のリニューアル版もプレーできるようになっております。
ひとつの物語のみならず、暗黒戦争の外伝的内容のゲームもプレーできる二度以上おいしい作品ですね。
なんてったってBSFEはトムスとかミシェランとかが活躍する内容ですからね( ^ω^)

とは言ったものの基本的にゲームはゆっくり進めていくタイプなので、現在まだ8章です。
時間があまり取れないというのもありますが、それ以上に序章が長すぎるという理由もありますw
序章にあたる「前日編」、全部で8マップもあるんですよ(マップ自体は小さいですが)…

SFC版をプレーされた方ならお分かりでしょうが、このゲームは12章くらいからが本番ですので
まだまだ物語も前半から抜け出せてないという所ですが
ここまでプレーしただけでも色々と気づいた事なんかもあるのでお話させて頂きます。
ただ、これから買う予定があるがまだ買ってない、という方には
ネタバレ状態になりますので、あまり見られないことをお勧めしますw



<ゲーム難度>
うん、まぁ、予想してはいましたよ。
SFC版と比べちゃうと相当簡単になっています(泣)

新暗黒竜と光の剣がFC版と比べるとだいぶ簡単になってしまっていた事を考えると
こちらでもやはり予想できてしまうというものですねorz
敵は能力が下がってるし、装備が貧弱になってるし、
初期配置の敵&増援の数が極端に減っていたりで

良く言えばSRPGやFEが初めての方でもお気軽にプレーできるし
悪く言えば古参のプレーヤーにとっては物足りなく感じる、という訳なのです。

確かにFC時代のゲームなんかは
異常に難易度が高いと言う理由で「クソゲー」扱いされていたりもしました。
あんまり難しくし過ぎてしまうと買い手がなかなか集まらず
売り上げ不振に終わり即効ワゴンセール行き、なんて事も考えられますし
それを防ぐためにはやはり難度を下げて誰でも楽しめるような内容に変えたとも考えられます。

でもゲームの方針を「誰でも気軽にプレーできる」なんてものにFEが変わってしまったら
暗黒竜や封印のCMに使用したあの盛大なオーケストラの人達が歌っていた
「て~ごわい~シミュレーション♪」とか言うのは何だったんだ、とも
考えてしまう訳でして

私のような自称古参のプレーヤーなどからして見れば、あまりにヌルくなった
このFEシリーズと言うのも何だか寂しく感じられてしまう訳です。
「烈火の剣」をプレーした時にも同じような考えを持ちましたね…。
まぁそういう人達はハードモードでも何でもやって遊んでくださいという事なのでしょうけど。

…あ、こんな事書いてますが、これは本編1章以降の話です。
序章は意外にも結構難しかったりします。
特に序章ラストの「前日談8」は結構な高難度だと思います。
こちらがまだまだ弱いのに敵は鋼装備にエルファイアーとか容赦ないですw
盗賊が積極的に襲ってくるのもFE古参プレーヤーとしては結構戸惑うものです。
前作「新暗黒竜」では序章は殆どレベル上げマップのような感じでしたが
「新紋章」では結構気を引き締めてかからないと死ねますのでご注意あれ。
(もっとも序章の内はマイユニット以外は死んでも戻ってくるっぽいですが)


<カジュアルモードとクラシックモード>
「新紋章」の難易度を更に簡単にさせているとんでもないモード選択。
クラシックモードは特に今までのFEと変更点は無いですが
カジュアルモードでプレーするとなんと死んだユニットが次章で戻ってきます。


いくらFEを低難度にするためとは言え、これは無いだろ!と思った点の1つです。
FEで死んだユニットが戻ってくるんじゃ今までのオームの杖とかバルキリーの杖は一体何だったのかと。
と言うか烈火のCMで堀北真希がヒースに「さよなら…」とか言いながら
バックの台詞で「失った仲間はもう戻らない」とか言ってたのは
本当に一体何だったのかと。


正直カジュアルモードでのプレーは、初心者の方にもお勧めできません。
まして初心者だけどこのゲームでFEデビューするぜ!と思われている方がいましたら
ますますお勧めできません。
これではFE伝統の「いかに味方を死なせずにプレーするか」という緊張感が全くもって味わえず
味方を死なせまくって安全にクリアーだなんて芸当が通じてしまうからです。

もし「新紋章」でFEデビューした子供とかに
「FEって味方死んでも次の章で戻ってくるんだぜ、肉壁戦法でも使ってりゃちょろいぜww」
だなんて思われてしまったら、古参FEファンとしてはただただ悲しい気持ちでいっぱいになりますorz

出来ることなら、例え初心者の方でもクラシックモードでプレーして頂いて
FE世界の厳しさというものを少しでも知って頂きたいものです……


<マイユニット>
「新紋章」の発売決定に際してもっとも話題となっていた内容ではないでしょうか?
今作では新しくゲームを始める前に「マイユニット」、即ち自分で作成したユニットを設定する事が出来ます。
性別は勿論、人生ゲームのキャラ作成のように顔や髪型や髪色の設定をすることも出来ます。
殆どのパーツはFEにぴったりのカッコいいグラフィックが用意されていますが
一部、スタッフの遊び心とも取れるようなふざけたグラフィックなんかも使用可能ですw

自分の名前は勿論、好きなアニメやゲームのキャラ名なんかも入れて作成すれば
より愛着を持ってマイユニットを使用することが出来るのではないでしょうか?
「烈火」に登場した軍師とは違い、今作はマイユニットが戦闘に参加できるので
大好きなキャラ名を入れて、そのキャラだけで戦闘に勝利する!等といった遊び方も面白いかも知れません。

ちなみにクラスも自分で設定可能です。
性別を男性にした場合、Sナイト、Aナイト、傭兵、アーチャー、戦士、魔道士から選択でき
女性にした場合はSナイト、Pナイト、剣士、アーチャー、魔道士から選択することができます。
本編1章以降の出撃準備画面では兵種変更も可能なので、やってて気に入らなかったら
途中から別のクラスへと変更することも出来るので、かなり広い遊び方が出来ると思います。

…まあ、序盤は速さや守備が異様に低い魔道士なんかを選んじゃうとちょっと厳しくなりますので
最初は無難なSナイトや傭兵、剣士あたりを選んでおく事をお勧めしますw

私?魔道士からスタートしましたが、何か?


<お金がない!>
本作、序盤だけなのかも知れませんがSFC版にあったはずの闘技場がありません。
少なくとも3章、5章にはSFC版は闘技場があったのですが、本作にはありませんでした。
その代替としてか、5章以降の出撃準備画面で「訓練場」なるものが登場します。
この訓練場、闘技場同様に経験値が稼げるのですが、使用料を払わされます。
当然こちらは使用料を「払った」だけなので、戦闘に勝っても経験値は入りますがお金は戻ってきません。
自分で武器が選択できたり、戦闘前に詳細情報を見れたりと勝ちやすくはなっているのですが…

また本作は、前作「新暗黒竜」に登場したキャラが色々な形で加入するイベントも追加されていて
そのため、メンバーの数が序盤からかなりエラいことになっていますw
にも関わらず、1マップに出撃できる人数はかなり少ないです(10人前後程度)。
つまり色々なキャラを育てたいと思う人ほど訓練場をよく利用しなければならないのですが
何しろお金が稼げないので、利用回数に制限はないものの実質あるようなものです。
そうでなくてもお金は武器や道具を買うのにも必要なので訓練場にばかり使ってはおれません。

と言う訳で、このゲームはまともに全キャラを育てようとする人には資金的にかなりキツいです。
SFC版がそんな感じでしたが、少数精鋭を作ってそいつらだけで進む、というのが
ゲーム中の経済的にも経験的にももっとも賢いやり方であると言えます。
どうしても多くのユニットを育てるために訓練場をフル活用したいという方は
買い物は最小限に控え、無駄遣いをせずいらないものはさっさと売って訓練場のための資金にするという
努力が必要となってくるでしょう。

とは言えゲームの難易度は下がっているので、おそらく訓練場は使用しなくてもゲームのクリア自体には
あまり関わらないだろう、という事だけは幸いでありますが。
SFC版なんて闘技場フル活用してる事前提にバランス立てられてたようなものだったしなぁ(;^ω^)


<取り敢えず今までの総評>
まだまだ言いたいことは尽きませんが、「新暗黒竜」をベースにした続編という意味では
なかなかの出来ではあるとは思います。
ストーリーも少しだけど追加されてるみたいだし…特に序章の展開は結構驚きましたよ。
まさかマルス軍が逆レイラ作戦を喰らうなんて思ってもみなかった(汗)
スパイコワイヨスパイコワイヨ…ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

※あ~、レイラってのは「烈火の剣」の登場人物の1人です。
 よく分からない人は1度「烈火の剣」をプレーしてみて下さい(宣伝)

まぁそんな訳で、これからもちょくちょくとプレーしていこうかと思います。
でもQMAもようやくあと少しで白金賢者なのにペースダウンするってのもなぁ…
QMAがペースダウンしない程度に少しずつやっていこうかと思います。

あ、それと
本日の記事はFEに興味の無い方々には
全くもって意味の無い内容になってしまいましたことを
お詫び致します(_ _)



<おまけ>
「新紋章」において神的な成長率を得た(と思う)ルーク君。
そんな彼がアリティア騎士団小隊長となった私(マイユニット)に素晴らしい二つ名を付けて下さるそうです。
いや~、楽しみだなぁwワクワクテカテカ


PA0_0000.jpg


だせぇぞ、コラ(#^ω^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

中の人プロフィール

モジャラケ

Author:モジャラケ
わたしは もともとうそひすいけんじゃモジャラケ
げいのうにかんしては まったくもってくわしくありませんが
これでもくまではもともとひすいけんじゃです
ちなみにマージャンファイトクラブでは こうりゅうをなのっておりますが じつりょくはいまひとつです
ゆえに わたしはうそこうりゅうです
わたしがピ〇キオだったらおそらくはなのながさがもうちきゅういっしゅうぶんぐらいしてそうなほどかもしれません

ふけてみられることがおおいわがみですが
1988ねん6がつ6にちうまれ
これでもまだ25さいです
さんざんうそしょうごうをなのっているわたしですが これにかんしてはうそではありません
だからわたしをオッサンよばわりするのだけは どうかやめていただきたい
てんけいてきなBがたにんげんだとおもっていたのに
よくAがたといわれるのはいまだにりゆうがわかりません
マイペースでじこちゅうでめんどくさがりできぶんやでらくてんてきなわたしはどこからどうみてもBがたにんげんできまりでしょうに
げせぬ

おもにプレーしているアーケードゲームはじょうじゅつのとおりクイズマジックアカデミーとマージャンファイトクラブです
といっても さいきんはほとんどプレーできてはいませんが
くわしいことは したにありますそれぞれのプロフィールをごらんになってください

すきなゲームはトゥルーラブストーリーとかファイアーエムブレムとかせんごくむそうとかロックマンとかしょきのドラクエとかしょきのエフエフとかドラゴンボールとかポケモンとかブイまでのももてつとかほかたくさん
すきなまんがはカードキャプターさくらとからきすたとかけいおんとかドラゴンボールとかちょびっツとかきんだいちとかほかいろいろ
すきなえいがはダイハードとかマスクとかチャーリーズエンジェルとかホームアローンとかランボーとかミッションインポッシブルとかタワーリングインフェルノとかひとむかしまえのアメリカンニューシネマとかほかとてもたくさん
しゅみというものはいくらあげてもつきませんね
おかげでプロフィールらんがパンパンだぜ

とりあえず こんなかんじのなぞのじんぶつらしいです
よろしければ
ごいっしょさせてください

QMAプロフィール
KONAMIの大人気クイズゲーム、クイズマジックアカデミーにおける個人データ…は最新作の賢者の扉Season2では未だありません…というかそんなん作れるほどまだやってない(ぉ

※各QMA最終段位
QMA1~3:未プレー
QMA4:賢者五段
QMA5:白銀賢者五段
QMA6:嘘翡翠賢者
QMA7:嘘翡翠賢者六段
QMA8:白金賢者二段
QMA賢扉:大賢者三段

QMAは4からスタート、5までは自他共に認めるライトプレーヤーでしたが、当時は白銀賢者とかまで到達出来ただけで物凄い達成感を感じられていたのですから不思議なものです(←

今作のプレー方針は未だこれといって決まってはいませんが、QMA8終期の頃のような低いモチベを維持してしまうような事だけは取りあえず無くしたい…なぁ。願わくば今作は翡翠以外の宝石賢者も狙いたい!

…とか抜かしてた頃が懐かしく思える程に現在は色々あってスーパーライト化しておりますorzorz
先生、いつかまた6や7の頃のようにプレーできる時間が欲しいです……

まぁそんな訳で現在ではプレー出来る日の方が珍しくなっちゃってますが(泣)、マッチングした際にはよろしくお願い致します( ^ω^)
MFCプロフィール
KONAMIの大人気麻雀ゲーム、麻雀格闘倶楽部における個人データです。
画像がでか過ぎる所為で対局成績とか何も載ってないけどま、いいか(←


実はデビューはQMAよりも早く、4か5の頃にスタートしたのですが、段位獲得すらままならぬ程のスパイラルを長年続けておりましたので、QMA以上に実力は劣ると思いますorz

属性は一目瞭然で青龍ですが、青龍になった理由は一級時代に国士無双を和了れたから。
実際の指数を見てみると多分玄武です。本性はチキンだもんで←

現在黄龍レベル4。何故か大してプレーしてない割には着実にレベルが上がってます←
これは自分の雀力が上がってると実感して良いのだろうか…って、自惚れは禁物ですよね(;^ω^)

という訳で、こちらもマッチングした際には何卒お手柔らかにお願い致します( ^ω^)
とりあえず一言
夏が来る…夏が来てしまう…!俺の一年間で地獄とも呼べる灼熱の期間が…!就職とかだけじゃなくて、実際の気温的にも氷河期とかいっそ来てくれれば良いのに( ^  つω  ^ )
今日の名言(?)
「おれが こわくないのか? ほほー かんしん かんしん」(出典:ファイナルファンタジー)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。