スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FE聖戦の系譜1周目(ぇ)クリアしましたよっと( ^ω^)

ども、元嘘翡翠モジャラケです( ^ω^)
先週は前回記事にも書きましたようにFE聖戦の系譜をひたすらやりまくるFE厨な生活をしていた訳ですが
やりこみまくった甲斐あってか、無事に当データのクリアに成功しましたよ、と( ^ω^)
(クリアしたのは先週土曜日の事ですが、すぐには記事に書き起こせないのが元嘘翡翠低クオリティ(キリッ)


まぁもっとも、前回記事の通りかつてあったデータが全てすっ飛んだ訳でして
今回何度目になるか分からないようなクリアであるにも関わらずEDにはキッチリと
CLEAR-01と書かれちまってたんでその切なさと言ったらここ数年感じることの無かった程でしたが(汗)
(ご存知かと思いますが、FE聖戦はデータを全て消去する(される)とクリア回数情報まで失われます)

とはいってもやはり一周当たりにかかる時間はシリーズ中でもおそらく最長クラスのFE聖戦。
クリア時(終章バーハラ城制圧時)に感じた達成感のようなものはやはり一入といった所でありまして
久々の聖戦プレーであった事も手伝って、その感動もここ数年感じる事の無かった程でありましたとさ( ^ω^)

で、今回のプレーは総合評価Aランクを取るという目標を掲げてプレーしてきた訳ですが
何とかそれも無事達成出来ましたので(OPのマップ戦闘がランゴバルト戦&アルヴィス戦になってました)
クリア完了から1週間が経とうかという今でもその満足感は失われてませんよ、という事です( ^ω^)b

そんな訳で擬似1周目クリア(?)達成記念という事で
今回はちょっと色々とプレーに関するデータのようなものまで取ってみましたんで
こちらの方にそれをうpしたいと思います。ただ今から記述する内容はある程度FE聖戦の系譜を
プレーされた方でないと理解し辛いような点も多数ありますんで、FE聖戦を未プレーという方には
正直何の面白味も感じられないような長々とした文章になってしまう可能性が高いですが
まぁタマの更新って事で元嘘翡翠も色々とダベりたい内容もありますゆえ
何卒お許し頂ければこれ幸いに思います(;^ω^)


まぁもっとも、元嘘翡翠の書く記事内容なんぞどんな内容であろうと
長々としていて何の面白味もない
って言われちゃそれまでなんですが
それでも余計な事は極力書かないつもりなんで、FEスキーな方にはお楽しみ頂けるんじゃないかと?

まずはED最後の場面で表示されるプレイヤーランクから。

攻略評価-    経験評価-
生存評価-    戦闘評価-
            総合評価-

プレイ時間 61時間33分


今回のプレーでは最初から攻略評価Aを狙うつもりは毛頭無かったので(殴)
ある程度ターンを犠牲にしてでも経験値や武器の撃破数稼ぎ、味方の安全などを確保したため
案の定攻略評価Aには届きませんでしたが、まぁこのゲームは全ての評価がAでなくとも
総合評価Aは取れるので(A3つ、B1つで総合Aになります)それを逆手に取ってプレーしました。
まぁFE聖戦はある程度馴れてくればこのぐらいの評価でクリアする事は造作もない事なんで
決して威張れるような内容である事くらいは承知しているつもりでありますよ?(;^ω^)

つっても、まぁもうちょっと頑張れば攻略評価Aももしかしたら狙えたかも?という考えも
クリア後の所要ターン数とか見てると思える節もあるんでそこは反省すべきかな?とも。
まあその辺はまた後述します( ^ω^)

プレイ時間に関しては、まぁこんなもんじゃないでしょうか?かかりすぎかなぁ?
実際には闘技場でクソな成長→リセットして乱数調整とかメチャクチャやってるんで
実際にかかった時間はこの1.5倍ぐらいになっちゃうんじゃないかと思いますけどね( ^ω^)
あとは、個人的に好きな曲をいつまでも聴いていたいが為にコントローラーを置きっ放しにして放置してたとかそんな事もあったんでその分無駄に時間をつかったような気がしないでもないけど(←

あ、ちなみに元嘘翡翠のFE聖戦のフィールド曲で好きな曲(全12曲中ね)のベスト3を挙げるとすると
1位 10章 光と闇と
2位  5章 運命の扉
3位  6章 光をつぐもの


ってな感じです( ^ω^)
もちろんどの曲も素晴らしいとは思いますけど、この3曲は個人的に特に秀逸な出来だと思ってます( ^ω^)b


では、お次に各章の所要ターン数を( ^ω^)

序章 聖騎士誕生      15ターン
1章 精霊の森の少女    43ターン
2章 アグストリアの動乱  53ターン 
3章 獅子王エルトシャン  99ターン(←←←
4章 空に舞う         40ターン
5章 運命の扉        24ターン
6章 光をつぐもの      45ターン
7章 砂漠を越えて      47ターン
8章 トラキアの竜騎士   28ターン
9章 誰がために       31ターン
10章 光と闇と        29ターン
終章 最後の聖戦      25ターン

総所要ターン数   479ターン



攻略評価Aを取得するためには総所要ターン数が399ターン以下である必要があるので
それと比較すると80ターンものターンを無駄遣いしたとも言えるのですが
まぁその最たる理由は上を見て頂いて分かる通り3章での無駄稼ぎが挙げられると思いますw
とはいっても3章を99-80=19ターンでクリアするのもかなり骨なので、原因はここだけでも無いという事ですかね。
個人的には1章、2章、7章あたりでちょい使いすぎたかな?といった感じですね。
(6章はセリスを7章頭でCCさせるために稼がせる必要があるので、6章での上の所要ターンは間違ってはいないと思います。セリスが早期にロードナイトになっているか否かは子世代で攻略評価を縮める為の最重要課題だと思ってるんで)

1章はそれほど無駄な稼ぎも何もしていないと思うのですが、どうしても毎回これくらいターンを使ってしまいます。
やっぱり説得2件(アイラ&ジャムカ)が厄介なので必然的にターン数がかかってしまうからですかね?
最後のヴェルダン城攻めはジャムカがガンガン突っ込んでくるのに対しこっちは騎馬ばかりでロクに動けないし。
唯一ターンを縮められそうな箇所があったとすれば、最後のヴェルダン城周辺にいるハンターをシカトして
城を制圧してクリアしてしまうって手ぐらいしか正直思いつきません(´・ω・`)
あと私はこの章でデューをレベル5~6くらいに上げておきたいので、エーディンと一緒に登場した後は
エーディンのみ逃がし、デューは教会に待機させてマーファ軍ユニット相手に経験値と金を稼ぐ…という
スタイルをとっているのですが(正直親世代前半は殆ど騎馬ゲーなのでこうでもしないと全然稼げない)
教会待機だと相手の命中率も10%台後半はあるのでいつかは攻撃を喰らってしまいますから
(プレーした事のある方ならお分かりでしょうが、FE聖戦における10%台の命中率はホントよく当たりますorz)
シグルド等の強い騎馬ユニットはまずジェノア城に向かわずデューの元へ急行し
デューの安全を確保してからジェノア城制圧
(と、アイラ説得)に向かってしまうので
ここら辺で使う数ターンが無駄になっているって事なんでしょうかねぇ?
でも、これぐらいの経験値稼ぎぐらいしておかないと経験評価が危うくなりそうだし…と思うと
なかなかプレースタイルを変えようという気にもなれない、困ったもんだ( ^ω^)

2章はとにかく移動が多い章でしかも前半は3パラディンの安全まで確保しなければならないという
まで関わってくる、おそらく高総合評価狙いのプレーでは親世代一の難関マップだと個人的には思ってます。
とにかくイーヴが死に易い。というか、シグルド軍が全力で進軍しても運が悪いとノディオン到着前にくたばるという
やる気のなさですので、彼が攻撃をなるべく避けるために結構な回数の乱数調整をしなければならないはず。
これが恐ろしくかったるかった。コイツら能力そこそこあるからって油断してるとすぐ死ぬし。
もっとも乱数調整だけなら2軍キャラを闘技場へ→わざと負けさせるを繰り返していさえすれば
ターン数的に浪費を迫られる局面もないんじゃね?とも言えるのですが…
あと、定番とも言える増援稼ぎポイント、ザイン隊の稼ぎは今回一切しませんでした。
でもここまでターンがかかっちゃったのはやっぱりラケシス&ディアドラの経験値を稼がせたいがために
杖を無駄振りするターンをいくらか作っちゃったことが原因か?ディアドラは次章では出撃は出来ませんが
ワープの杖を振るだけなら(マディノ城制圧前までなら)出来るので稼ぎは程ほどにしておくべきだったか?
まぁどちらにせよ、この章はやたら広いわ敵の種類も多種多様で攻略し辛いわ大盾持ちの敵将ばかりだわで
やっぱり攻略評価を狙うプレーでは最も気をつけなければならない章だと思っております、ハイ(;^ω^)

で、今回攻略評価Aが狙えなかった最たる理由となったのは3章。誰の目にも明らかですね。
フツーにプレーするんなら3章はかかっても40ターンぐらいでクリアするのが妥当なのですが
今回のプレーは経験評価の事も軽視出来なかったので、最後のピサール隊での稼ぎにより
・全員クラスチェンジ可能なレベルまで上げる
・必殺武器を複数個作る
・杖が使えないユニットの所持金を37000Gくらいまで配分する

というラインまでは到達させるように考えてプレーしていたのですが
正直ここまで徹底して稼がなくても良かったのかも知れませんね。
全員をクラスチェンジ可能なレベルにまで上げるのならここよりもレベルの高い次章でやった方が効率良いし
必殺武器もどーでも良さそうな武器まで(シグルドの初期装備のはがねの剣とか)必殺化させたりしたので
ある程度お金を稼がせて、デューにかぜの剣を取らせに行くぐらいで終わりにしちゃっても良かったかもですね。
もし今後オールA評価狙いでプレーする事があったら、最もターン数削減を考えなければならないのがこの章でしょう。
まぁ削りすぎても経験値足りなくなったりフィンとブリギッド&ティルテュとの恋愛が成立しちゃっても困るし…
FE聖戦は難易度自体はそこまで高くないけど、高評価を狙うとなるとなかなか難しいものですねぇ(;^ω^)

7章はセリス以外の味方のレベルを上げようとするためにジャバロー隊で増援叩きやったりしてたんで
余分なターンを使ったのは明白なんですけど、正直ここもやる必要あまりなかったり?
というのも、ハンニバル等の稼ぎ辛いキャラ含め、終章開始時には既に全員レベル30になってたりしたんで
終章で上手く経験値を回したりしてれば前半にこんなに気合入れて稼ぐ必要もないのかな?
でも終章はとにかく所要ターン数を減らすために敵もガン無視してひたすら突き進んでいくイメージしかないし
戦わせようにもなかなか戦闘機会を与えられなかったりするんですよねぇ。特に歩兵のヒトたち。
FE聖戦は8割が騎馬ゲーってよく言われるけど、やっぱ歩兵の経験値稼ぎを第一に考えてやらないと
オールA評価達成はそう簡単には遂行できないようになってますなぁ( ^ω^)


で、総所要ターンですが479。攻略評価Bは549ターン以内ならOKなんで、攻略評価は始めからBでいいなら
まだ70ターンもの猶予があります。攻略評価AとBの壁がいかに厚いかよ~~く分かりますねorz
よーするに総合評価Aを取れるだけで良いならまだあと70ターンも増援叩きとかやってて良い訳だ(;^ω^)
キュアンをレベル30まで育てるとかってのも夢じゃなかったかも知れない(笑)



では、お次は各ユニットの個人戦績をば。まずは親世代( ^ω^)


シグルド    125勝0敗 
ノイッシュ   44勝0敗
アレク     48勝0敗
アーダン    26勝0敗
アゼル     80勝0敗
レックス    46勝0敗
キュアン    29勝0敗
フィン      26勝0敗
エスリン    4勝0敗
ミデェール   61勝0敗
エーディン   0勝0敗
デュー     7勝0敗
アイラ     17勝0敗
ジャムカ    34勝0敗
ディアドラ   1勝0敗
ホリン     14勝0敗
ラケシス    4勝0敗
ベオウルフ  45勝0敗
レヴィン    58勝0敗
シルヴィア  0勝0敗
フュリー    56勝0敗
ブリギッド   28勝0敗
クロード    0勝0敗
ティルテュ  39勝0敗

親世代戦績トータル  792勝0敗



親世代撃破数ランキング
1位 シグルド(125勝0敗)
2位 アゼル(80章0敗)
3位 ミデェール(61勝0敗)


いやもう、これを見てる限りホントにFE聖戦は騎馬ゲーである事がよく分かりますね(←
撃破数上位3人も最終的に全員騎馬系になる訳だし。
まぁだからこそ上述のように歩兵ユニットにいかに経験値を稼がせるかが重要になって来る訳ですけど。
でもシグルドが1位ってのは当然としても2位3位が若干あれ?と思う方もいるのではないかと( ^ω^)
アゼルは闘技場で稼ぎ辛いので通常戦闘でひたすら稼ぎまくった&クラスチェンジ後は
機動力のある魔法系という事で戦力に組み込みやすかったってのが最たる理由でしょうね( ^ω^)
ミデェールもおそらく同じような理由のはず。回避ゲーのFE聖戦では敵の攻撃を喰らわないように
ユニットを運用していくのはある意味当然とも言える訳だし…


続いて子世代編( ^ω^)

セリス      119勝0敗
スカサハ    27勝0敗
ラクチェ     29勝0敗
ラナ       1勝0敗
オイフェ     14勝0敗
デルムッド   48勝0敗
レスター     37勝0敗
ユリア      7勝0敗
アーサー    46勝0敗
フィー      41勝0敗
ヨハルヴァ   26勝0敗
シャナン    20勝0敗
パティ     17勝0敗
リーフ     44勝0敗
フィン      6勝0敗
ナンナ     4勝0敗
アレス     33勝0敗
リーン      0勝1敗
ティニー    35勝0敗
ファバル    12勝0敗
セティ      28勝0敗
コープル    0勝0敗
ハンニバル   9勝0敗
アルテナ    8勝0敗

子世代戦績トータル  611勝1敗

子世代撃破数ランキング
1位 セリス(119勝0敗)
2位 デルムッド(48勝0敗)
3位 アーサー(46勝0敗)


セリスは当然の結果でしょう。親世代のシグルド以上にセリスゲー的な印象を子世代って受けますし(笑)
それでも撃破数がシグルドよりも劣っているのはやはり最初からエリートリングで成長させたので
敵を撃破した数もそれに伴って減ったって事でしょうね。
あとは子世代の敵のレベルも。子世代の敵ユニットは全体的にレベルが高いんで稼ぐのもラクです。
デルとアーサーが上位入りしたのはやはりユニットの汎用性が物を言った結果とも言えるでしょう。
敵の数自体は親世代よりも多い(はず)なのに総合撃破数で大きく劣っているのは
やはりエリートリングを初期から使えること、敵のレベルが高い事から来ていると見て間違い無さそうです。
FEシリーズ最強ユニットと名高いフォルセティ持ちセティもこの勝利数で落ち着いた所を見ると
もはやFE聖戦は騎馬ゲーって完全に言い切っちゃって良さそうな気がしないでもない( ω^)^←

ちなみにリーンの1敗は10章でうっかりユリウスの攻撃範囲内に入れてしまったからです(←
でも戦闘評価Aは全ユニットの負け数総和が3敗以内なら大丈夫なのでそこまで気にはしませんでした。

あぁ、なんでハンニバルが9勝もしてるんじゃいとツッコミが飛んできそうですが
9章で少しでも経験値を稼ぐためにキラーボウとエリートリングを持たせて三頭の竜作戦の兵を狩らせたからです(←
アイツら何でわざわざ弓の攻撃を受ける距離で手槍投げてくるんだろ?そのおかげで経験値ガッポガッポw


最後に総合でまとめ。


総合戦績トータル  1403勝1敗

総合撃破数ランキング
1位 シグルド(125勝0敗)
2位 セリス(119勝0敗)
3位 アゼル(80勝0敗)


親子両世代の総合ランキングにアゼルが名を連ねているところが凄いと思う(←
しかしFE聖戦の主人公は強いなぁ。ここまで強い主人公ってのもなかなかいないと思うんだけど。
でもFE外伝のアルムとかFE烈火のヘクトル、FE聖魔のエフラムならあるいは…!(←←



続きまして、今回のプレーで必殺化させた(撃破数50以上)武器一覧( ^ω^)

・はがねの剣(シグルド初期装備)
・ぎんの剣×2(序章イベント、3章道具屋)
・キラーボウ(ジャムカ初期装備)
・ゆうしゃのおの(1章イベント)
・サンダー(2章道具屋)
・エルウインド(レヴィン初期装備)
・ゆうしゃのやり(2章イベント)
・ゆうしゃの剣(3章イベント)
・いかずちの剣(3章ジャコバンドロップ)
・トローン(ティルテュ初期装備)

合計 11品


これらのうち、最大の☆100にまで到達したのははがねの剣、ぎんの剣(序章の方)、ゆうしゃの剣の3品。
サンダーやゆうしゃのやりももう少しで☆100だったのですがそこまでは行かなかったようで(;^ω^)
いかずちの剣は6章でセリスの経験値稼ぎ時に使っていたので☆60程度まで。
トローンは10章でロートリッター相手にティニーが暴れてた時に必殺化したんで同じくそれくらい。

まぁ、どの方もプレーする際には「この武器は勝手に必殺化するよなー」とお思いの武器ばかりだと思いますw
キラーボウは元々必殺のスキル付きですが高命中高威力でしかも軽く武器レベルCという至れり尽くせりな武器で
最後らへんはハンニバルの闘技場制覇用武器として大活躍致しました(←
サンダーはFE聖戦の魔法使用可能ユニット全員が最終的に使えるようになる武器でしかも安いので
レベルの低いユニットやハイプリーストの闘技場用武器として活躍しました( ^ω^)
ホントは重さの点から考えてウインドを鍛えたかったんですが、初登場章が4章と遅めなので断念。
エルウインドはクラスチェンジ後のアーサーのメイン武器として大活躍。炎A雷Aが霞んで見える
勇者系の武器は普通に使ってても大抵必殺化します…よね?弓だけは全然届かなかったけど(←


最後にカップリング状況。親世代は前回記事で書いたので割愛し、子世代のみ。

セリス×ラナ
ヨハルヴァ×ラクチェ
シャナン×パティ
リーフ×ナンナ
セティ×ティニー


…つっても子世代は攻略ターン重視でカップリングとかほぼ無視でやってたんで成立したのはこの5組だけ。
しかもこの中で狙ってカップリングしたのはセティ×ティニーのみ。あとは勝手に成立しました(←
理由は終章でイシュタルにサイレスを振りたかったという一点のみです(終章会話で魔力が上がるため)。
まぁ乱数調整だけでセティの魔力が30まで上がったんでこのカップリングの意味も無くなっちゃった訳ですが(←
でも終章のセティ×ティニーの会話は何か見てて和むのでそれはそれで良し(ぇ
まぁもっとも実際に目の前であんな会話を進められて(推定)二人が顔赤くしてる所なんて見ちゃうと
リア充爆発しろとか叫びたくなると思うんでリアルではやらないで欲しいですが(←



と、そんな訳で元嘘翡翠の擬似1周目FE聖戦プレーは幕を下ろしましたとさ( ^ω^)
まだFE聖戦で総合評価Aとか取れておられない方などはよろしければ参考にして頂ければ如何かと( ^ω^)
少し馴れちゃえさえすれば、総合評価Aぐらいなら意外と楽に行けるもんです、これホント。

さて、今後の更新予定ですが
先日のミラクルドームの大会においてFE聖戦に関する会話が思いの外弾んだこともあり
元嘘翡翠としては未だ全国にはエムブレマーを名乗る方々が大勢いらっしゃる事を実感でき喜ばしい限り。
ならばそれらの方々に「挑戦」したくなるというもの!
という訳で、近日中にまた懲りもせず自作検定試験公開を行う事になるかと思います( ^ω^)

今のところ計画しているのは「FE検定ハード」の公開ですが(実はもう完成してます)
今回元嘘翡翠のFE聖戦クリア記念という事で「FE聖戦の系譜オンリー検定」なるものも公開しようかと思っています( ^ω^)
後者の方はミラド大会のアフターにてエムブレマーKARLA様より「ハードくらいでも大丈夫です」との
お言葉を頂いたので、もしかしたらいきなり難易度ハードの公開とか踏み込むかも知れません(;^ω^)
どちらにしてもこれらの自作検定試験ならば制作にもそれほど時間はかからないと思いますので
なるたけ近日中に公開しようと思っておりますので、エムブレマーの皆様何卒よろしくお願い致しますね( ^ω^)







(ミラド大会のレポはどーした)
スポンサーサイト
中の人プロフィール

モジャラケ

Author:モジャラケ
わたしは もともとうそひすいけんじゃモジャラケ
げいのうにかんしては まったくもってくわしくありませんが
これでもくまではもともとひすいけんじゃです
ちなみにマージャンファイトクラブでは こうりゅうをなのっておりますが じつりょくはいまひとつです
ゆえに わたしはうそこうりゅうです
わたしがピ〇キオだったらおそらくはなのながさがもうちきゅういっしゅうぶんぐらいしてそうなほどかもしれません

ふけてみられることがおおいわがみですが
1988ねん6がつ6にちうまれ
これでもまだ25さいです
さんざんうそしょうごうをなのっているわたしですが これにかんしてはうそではありません
だからわたしをオッサンよばわりするのだけは どうかやめていただきたい
てんけいてきなBがたにんげんだとおもっていたのに
よくAがたといわれるのはいまだにりゆうがわかりません
マイペースでじこちゅうでめんどくさがりできぶんやでらくてんてきなわたしはどこからどうみてもBがたにんげんできまりでしょうに
げせぬ

おもにプレーしているアーケードゲームはじょうじゅつのとおりクイズマジックアカデミーとマージャンファイトクラブです
といっても さいきんはほとんどプレーできてはいませんが
くわしいことは したにありますそれぞれのプロフィールをごらんになってください

すきなゲームはトゥルーラブストーリーとかファイアーエムブレムとかせんごくむそうとかロックマンとかしょきのドラクエとかしょきのエフエフとかドラゴンボールとかポケモンとかブイまでのももてつとかほかたくさん
すきなまんがはカードキャプターさくらとからきすたとかけいおんとかドラゴンボールとかちょびっツとかきんだいちとかほかいろいろ
すきなえいがはダイハードとかマスクとかチャーリーズエンジェルとかホームアローンとかランボーとかミッションインポッシブルとかタワーリングインフェルノとかひとむかしまえのアメリカンニューシネマとかほかとてもたくさん
しゅみというものはいくらあげてもつきませんね
おかげでプロフィールらんがパンパンだぜ

とりあえず こんなかんじのなぞのじんぶつらしいです
よろしければ
ごいっしょさせてください

QMAプロフィール
KONAMIの大人気クイズゲーム、クイズマジックアカデミーにおける個人データ…は最新作の賢者の扉Season2では未だありません…というかそんなん作れるほどまだやってない(ぉ

※各QMA最終段位
QMA1~3:未プレー
QMA4:賢者五段
QMA5:白銀賢者五段
QMA6:嘘翡翠賢者
QMA7:嘘翡翠賢者六段
QMA8:白金賢者二段
QMA賢扉:大賢者三段

QMAは4からスタート、5までは自他共に認めるライトプレーヤーでしたが、当時は白銀賢者とかまで到達出来ただけで物凄い達成感を感じられていたのですから不思議なものです(←

今作のプレー方針は未だこれといって決まってはいませんが、QMA8終期の頃のような低いモチベを維持してしまうような事だけは取りあえず無くしたい…なぁ。願わくば今作は翡翠以外の宝石賢者も狙いたい!

…とか抜かしてた頃が懐かしく思える程に現在は色々あってスーパーライト化しておりますorzorz
先生、いつかまた6や7の頃のようにプレーできる時間が欲しいです……

まぁそんな訳で現在ではプレー出来る日の方が珍しくなっちゃってますが(泣)、マッチングした際にはよろしくお願い致します( ^ω^)
MFCプロフィール
KONAMIの大人気麻雀ゲーム、麻雀格闘倶楽部における個人データです。
画像がでか過ぎる所為で対局成績とか何も載ってないけどま、いいか(←


実はデビューはQMAよりも早く、4か5の頃にスタートしたのですが、段位獲得すらままならぬ程のスパイラルを長年続けておりましたので、QMA以上に実力は劣ると思いますorz

属性は一目瞭然で青龍ですが、青龍になった理由は一級時代に国士無双を和了れたから。
実際の指数を見てみると多分玄武です。本性はチキンだもんで←

現在黄龍レベル4。何故か大してプレーしてない割には着実にレベルが上がってます←
これは自分の雀力が上がってると実感して良いのだろうか…って、自惚れは禁物ですよね(;^ω^)

という訳で、こちらもマッチングした際には何卒お手柔らかにお願い致します( ^ω^)
とりあえず一言
夏が来る…夏が来てしまう…!俺の一年間で地獄とも呼べる灼熱の期間が…!就職とかだけじゃなくて、実際の気温的にも氷河期とかいっそ来てくれれば良いのに( ^  つω  ^ )
今日の名言(?)
「おれが こわくないのか? ほほー かんしん かんしん」(出典:ファイナルファンタジー)
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。