スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思えば遠くへ来たもんだ in 長野

先日10日土曜日は
長野県のパロ諏訪で行われたQMA大会に参加してまいりました。

QMAの大会は私の住む静岡県でもかつて開催されてはいたのですが
QMAⅦの稼動と同時に大会を開催していた某2店舗からQMAが撤去されるという
憂き目に会ったためにしばらく大会とは縁のない日々が続いておりました。
そのせいか最近はQMAをプレーしていても何か目標が無いというか
そんな感じでQMAプレーに対するモチベーションも下がりつつありました。

そんな折にパロ諏訪での大会の存在を知り
ここは一発奮起するためにも是非とも参加したい!と思い参戦を決めた次第でありました。

で、ここで問題になったのが大会への対策とかではなくどうやって行くか、という事。
私の住む場所は田舎の多い静岡でも最強クラスの田舎っぷりを誇る場所にありまして
最寄駅まで行くのにも時間がかかるという始末。
長野まで足を伸ばすにはそこから身延線という路線を使わねばなりません。
知っている方は知っていると思いますが身延線の便の悪さはピカイチですので不安が拭えませんでしたが
大会開始時間が午後5時と遅めなので何とかなるかな…などと不安は消えませんでしたが

そんな中で問題回収を全く行っていないにも関わらずアニタイ縛りで300点越えを余裕でこなす
静岡の天青賢者翡翠賢者、15ましまろ様から「乗らないか?」とのお誘いを受けました。
嬉しくなった私は15ましまろ様にホイホイついて行く事を決めましたw
この度のご好意、誠に感謝いたしますm(_ _)m

車の中で終始繰り返される青系の話題にほとんどついて行けず
何だか肩身が狭い思いでしたが
数時間後長野県のパロ諏訪へと到着致しました。


パロ諏訪

元嘘翡翠兼ド田舎者モジャラケは
パロ諏訪周辺に並ぶおもちゃ屋や洋服屋や食事処やらの多さにあっけに取られながらも
取り敢えず記念にこの写真だけは撮っておきましたw

パロ諏訪はQMAの筐体が6台も並び
さらに7月中は100円2クレというかなりの高設定で非常に良い印象を受けました。
筐体が5台以上もあるゲーセンなんてレジャーランド秋葉原への遠征以来だなぁw
(と言うかあそこは20台くらいあった気がする…多すぎw)

今回の大会は参加者枠が48名と非常に大規模だったためQMA筐体の周りは既に人だかりが。
大会開始前にプレーできるかなぁ、と思っておりましたが
15ましまろ様、イザヨイ様が開けて下さったのでなんとか2クレプレイできました。
…あ、接続が長野になってるプロフ写真に撮るの忘れたw

そんなこんなで気がついたら時刻は午後5時。
いよいよ大会開始です。
ルールは上位2人抜け、ボンバーマンルール採用。
一度使用したジャンル及び形式ツリーは決勝戦まで使用不可という過酷なルールですね。
また第3試合開始前にもう一度抽選を行い12人を3人×4チームという組み合わせにしております。
第5試合目が決勝戦となる訳ですね。

私の第1試合は総合で3試合目と早めの試合開始でした。

7月10日パロ諏訪大会1試合目

一番左のユリア様はダミーとしての参戦です。

恥ずかしながら私、Ⅴまではライトプレーヤーを続けていました故に
全国の強豪プレーヤー様の使用武器や得意ジャンル等を全く知らないという
予備知識ゼロの状態で試合を開始しましたが

試合開始前の皆様のプロフをちょこっと拝見。
そしてお二方ともアニゲのグラフが5であることを見て軽く絶望
更に私が(一応)最も正解率が高い理系の正解率もお二方とも
更に更にしんけんゼミ様はパロ諏訪の前回大会での優勝者であられるとか。

こりゃ早くも詰んだな、と諦めかけておりましたが
辛うじて道を見つけられたのがお二方とも芸能のグラフが短めであったこと。
ここは逆転狙いで一矢報いるために嘘翡翠なりに芸パネ総合を投入することを決めました。
まぁ今大会の自分の目標は1回戦突破だったので
自武器温存などという器用な事は初めから全く考えておりませんでしたが。

最初の美術文学は文系の中でも最も苦手なので単独不正解を喰らったり
ノンジャンルでの出題が多く混乱させられたり
自選の芸パネでアホなミスを犯したりして不安定さは拭えませんでしたが

なんと8点差で1位通過を決めることが出来ました。
もっとも今大会は上位2位抜けなので結果的には2位と変わらないし
お二方の出題ジャンルを考えると到底全力では無かったのではないかと思いますが
これは素直に嬉しかったです。
皆様驚かれた方も多かったでしょうが何より一番驚いたのは私です。
その証拠に驚きすぎていて結果写真を撮り損ねましたからw
意外と芸パネが刺さったのが大きかったのか…ともかくも何とか目標達成。


で、既に武器を使い切った状態で迎えた第2試合目。

7月10日パロ諏訪大会2試合目

さて、どうするか。
最初に言っておきますが私にサブ武器などという便利なものは一切存在しません。
強化中のアニゲ並べ替えはボンバーマンルールにより使用不可だし
ここは取り敢えず理系で行くしかないか…とか思いながら皆様のプロフを拝見したら
またしても皆様全員理系グラフは
まぁ正直2回戦まで来れれば十分だったし
大きく差をつけられてダントツドベという事態は極力避けたかったので
刺さらないだろうなとは思いつつも理系の中では(多分)最安定の物理化学を投下。

そして結果ですが
最近妙に苦手意識が増えつつあるライスタ文系ボッコボコにされ
予想通り元嘘翡翠の腐りきった物理化学などは皆様に刺さるはずも無く
当然の如く3位敗退と相成りました。
2位の方とは60~70点ほど差がついていたので当然の敗北とも言えますね。

まぁ私の場合1回戦は通過できてもそれで全ての力を使い果たしてしまい
2回戦ではダントツドベという結果が今までほとんどでしたので
3位敗退出来たというだけでも御の字でしたね。
自選の物理化学も自爆は防げたし上々の出来と言えるでしょう。

しっかしよくよく考えてみると
私の今までの大会での最高結果は2回戦進出止まりという情けない結果なので
次回大会に参加する機会があったら3回戦進出ぐらいを目標にしたい所です。
正直ボンバーマンルールは私にはかなりキツいのでその時までに
パネル形式以外でのサブ武器とも言える物を作っておきたいところですね。

そして数時間に及ぶ長い長い戦いを制して優勝なさったのは
私と同じく静岡の富士からの参戦だったシフクノオト様でした!
決勝戦では芸能文字パネルで猛威を振るわれ他の方の武器も刺さらず
90点もの差をつけての圧巻の優勝でした。
もうお見事という言葉しか見つかりません。誠におめでとうございます!!
決勝戦はマジで感動ものでしたよ…。あんなに感動したのは
中学生の時に初めてダイハード2を見て洋画の凄さを知った時以来かも知れませんw

あ…やっぱりサファイア様のライスロ400点を見た時以来かもw

大会後はフリープレイ状態のままアフター店対に。いや~太っ腹ですねぇw
参加者が多かった故に要望も多く全ては行えませんでしたが
私は理系キーボード総合のみ参加させて頂きました。
たしか318点くらいで2位だったと思います。
Ⅵの頃はサブ武器(笑)としてたま~に使う程度でⅦではほとんど使っていませんでしたが
その割にはまあまあ出来たかな、なんて思ってたりします。
動植物のエフェクト問が全く読めねぇ(涙目)

取り敢えず今回分かったことは芸パネがいかに不人気か、という事でしたw
空気も読まず勇んで要望に書いたものの集まりが悪く結局縛りが出来なかったので。
でも今大会でシフクノオト様が猛威を振るわれた事を考えると
これからは恐らく最重要ジャンルとして皆様に対策されていく事と思いますw

閉店後も皆様との会話は尽きませんでした。
特に15ましまろ様によるマンツーマンの青講座は大変為になりました。
わたくしアニゲは苦手ジャンルですが、ジャンル自体は結構好きだったりしますw
漫画やゲームは普通に好きですし、数少ないですが萌え問もたまにありますしね。
15ましまろ様、機会がありましたらまた色々とお聞かせ下さいませ。
静岡の青の語らい人として。

改めまして
今回長野まで車を出してくださった15ましまろ様、
共に付き合って下さったイザヨイ様、シフクノオト様、サファイア様、
そして大会でお会いしお世話になった全ての皆様。
誠にありがとうございました!
この大会での出来事は本当にいい衝撃になったと思います。

不肖この元嘘翡翠モジャラケ、また大会に参加する機会がありましたら
その時までに少しでも腕を磨いて参戦したいと思っている所存でございます。
元嘘翡翠モジャラケの戦いはこれからだ!←打ち切りかよ

そして最後に、帰路を共にして下さったシフクノオト様。
私のとんだ空回りの連続で
多大なるご迷惑をおかけしてしまったことを
ここに深くお詫び申し上げます(泣きながら土下座)
スポンサーサイト
中の人プロフィール

モジャラケ

Author:モジャラケ
わたしは もともとうそひすいけんじゃモジャラケ
げいのうにかんしては まったくもってくわしくありませんが
これでもくまではもともとひすいけんじゃです
ちなみにマージャンファイトクラブでは こうりゅうをなのっておりますが じつりょくはいまひとつです
ゆえに わたしはうそこうりゅうです
わたしがピ〇キオだったらおそらくはなのながさがもうちきゅういっしゅうぶんぐらいしてそうなほどかもしれません

ふけてみられることがおおいわがみですが
1988ねん6がつ6にちうまれ
これでもまだ25さいです
さんざんうそしょうごうをなのっているわたしですが これにかんしてはうそではありません
だからわたしをオッサンよばわりするのだけは どうかやめていただきたい
てんけいてきなBがたにんげんだとおもっていたのに
よくAがたといわれるのはいまだにりゆうがわかりません
マイペースでじこちゅうでめんどくさがりできぶんやでらくてんてきなわたしはどこからどうみてもBがたにんげんできまりでしょうに
げせぬ

おもにプレーしているアーケードゲームはじょうじゅつのとおりクイズマジックアカデミーとマージャンファイトクラブです
といっても さいきんはほとんどプレーできてはいませんが
くわしいことは したにありますそれぞれのプロフィールをごらんになってください

すきなゲームはトゥルーラブストーリーとかファイアーエムブレムとかせんごくむそうとかロックマンとかしょきのドラクエとかしょきのエフエフとかドラゴンボールとかポケモンとかブイまでのももてつとかほかたくさん
すきなまんがはカードキャプターさくらとからきすたとかけいおんとかドラゴンボールとかちょびっツとかきんだいちとかほかいろいろ
すきなえいがはダイハードとかマスクとかチャーリーズエンジェルとかホームアローンとかランボーとかミッションインポッシブルとかタワーリングインフェルノとかひとむかしまえのアメリカンニューシネマとかほかとてもたくさん
しゅみというものはいくらあげてもつきませんね
おかげでプロフィールらんがパンパンだぜ

とりあえず こんなかんじのなぞのじんぶつらしいです
よろしければ
ごいっしょさせてください

QMAプロフィール
KONAMIの大人気クイズゲーム、クイズマジックアカデミーにおける個人データ…は最新作の賢者の扉Season2では未だありません…というかそんなん作れるほどまだやってない(ぉ

※各QMA最終段位
QMA1~3:未プレー
QMA4:賢者五段
QMA5:白銀賢者五段
QMA6:嘘翡翠賢者
QMA7:嘘翡翠賢者六段
QMA8:白金賢者二段
QMA賢扉:大賢者三段

QMAは4からスタート、5までは自他共に認めるライトプレーヤーでしたが、当時は白銀賢者とかまで到達出来ただけで物凄い達成感を感じられていたのですから不思議なものです(←

今作のプレー方針は未だこれといって決まってはいませんが、QMA8終期の頃のような低いモチベを維持してしまうような事だけは取りあえず無くしたい…なぁ。願わくば今作は翡翠以外の宝石賢者も狙いたい!

…とか抜かしてた頃が懐かしく思える程に現在は色々あってスーパーライト化しておりますorzorz
先生、いつかまた6や7の頃のようにプレーできる時間が欲しいです……

まぁそんな訳で現在ではプレー出来る日の方が珍しくなっちゃってますが(泣)、マッチングした際にはよろしくお願い致します( ^ω^)
MFCプロフィール
KONAMIの大人気麻雀ゲーム、麻雀格闘倶楽部における個人データです。
画像がでか過ぎる所為で対局成績とか何も載ってないけどま、いいか(←


実はデビューはQMAよりも早く、4か5の頃にスタートしたのですが、段位獲得すらままならぬ程のスパイラルを長年続けておりましたので、QMA以上に実力は劣ると思いますorz

属性は一目瞭然で青龍ですが、青龍になった理由は一級時代に国士無双を和了れたから。
実際の指数を見てみると多分玄武です。本性はチキンだもんで←

現在黄龍レベル4。何故か大してプレーしてない割には着実にレベルが上がってます←
これは自分の雀力が上がってると実感して良いのだろうか…って、自惚れは禁物ですよね(;^ω^)

という訳で、こちらもマッチングした際には何卒お手柔らかにお願い致します( ^ω^)
とりあえず一言
夏が来る…夏が来てしまう…!俺の一年間で地獄とも呼べる灼熱の期間が…!就職とかだけじゃなくて、実際の気温的にも氷河期とかいっそ来てくれれば良いのに( ^  つω  ^ )
今日の名言(?)
「おれが こわくないのか? ほほー かんしん かんしん」(出典:ファイナルファンタジー)
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。