スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛みに耐えてよく頑張った、感動した!

今の私がサッカー日本代表に向けて最も言ってあげたい言葉であります。
…おっと、この発言はサッカー選手じゃなくて力士に対する言葉だったかw

6月29日、プレトリアにて。決勝T1回戦日本vsパラグアイ戦。
日本、パラグアイは共にW杯の過去最高記録がベスト16だったようで
この試合はどちらが勝っても初のW杯ベスト8となり、まさに歴史に残る1戦となりました。

しっかしパラグアイってそれなりによく聞く国名だけどどこにあるんだろう?
アニスポのみならず地理にも疎い無知な私はまずパラグアイの位置を調べてみました。
調べてみると、サッカーの強豪国ブラジルとアルゼンチンの間に挟まれた内陸国だそうで。
首都はアスンシオンという所らしいです(覚えにくそうな名前だなぁ)。
正直南米というとどの国も強豪国というイメージが強いですが
当然パラグアイも例外ではなくFIFAランキング31位と言うやはり日本よりも格上の相手。

これは厳しい戦いになりそうだなぁとも思っておりましたが
日本は既にグループリーグ予選で格上の国2つを降しているのですから
必ずや可能性はあるはずだ、やれないことはないぞ!と思っておりました。

日本vsパラグアイ戦は終始パラグアイがボール支配率が高い状況でしたが
日本のディフェンスも強固。パラグアイに得点のチャンスを許しません。
しかし日本もなかなか攻撃を決められないという両者睨み合いの状況が続きました。
結果前後半戦ではお互い無得点、続く延長戦でも無得点同士という結果に終わり、試合はPK戦に。

日本、パラグアイ共にPK戦では2本目までは共に決め続けていましたが
3本目の日本の攻撃においてジュビロ磐田所属の駒野友一選手が痛恨のPKミス。
その後パラグアイの選手は5本全てPKが成功したので、この時点で日本の敗退が確定。
日本代表、残念ながら悲願のベスト8進出を果たす事が出来ませんでした。

この試合結果の影響か、一部では駒野選手を批判するかのような発言も見られますが
はっきり言ってその批判はおかしいだろと思いますね。
睡魔に負けた愚かな私は日本vsデンマーク戦のみは見逃してしまいましたが
駒野選手は日本vsカメルーン戦から通算390分もの間交代無しでプレーし
右サイドバック代表として日本の決勝T進出に大きく貢献してくれた人物であります。
駒野選手が体を張って相手の攻撃を防いでくれなければ
日本はそもそも決勝T進出すらままならなかったかも知れません。
わずか1点差という状況で試合を終えたカメルーン戦では尚のことそう思いますし
オランダ戦では強豪オランダ相手に失点1に抑えることが出来たおかげで
デンマーク戦で日本代表が引き分けでも決勝T進出を決められるという状況を作って
選手達の肩の荷を下ろしてくれた事も私達は忘れておりません。

何が何でも批判しないと気が済まないというヘソ曲がりなおヒトは
同じ批判するにしても駒野選手ではなく日本代表選手全員を批判するべきだと思いますがね。
確かに日本代表はパラグアイ代表を無得点で抑えましたが
日本代表選手が誰も得点出来なかったことも事実ですし
日本代表選手が仮にどこかで1得点でも挙げていればPK戦という展開にはならなかった訳ですしね。
要するに日本代表はまだまだ世界から見れば力不足。
世界に通用するだけの力がまだ無かったというだけの話でしょうから。

まぁこんな批判なんてしていてはキリもないし何も始まらないので、批判なんてやめましょう。
私は日本代表は確実に普段の力以上のモノを出して頑張ってくれたと思います。
PK戦ってのもはっきり言って結構運任せっぽい所がありますしね。
そういった意味では、日本はここまで格上の国を連続で相手にしながら
本当によく健闘してくれ、私達に感動や興奮を与えてくれたと思っております。

岡田監督、駒野選手、そして他の日本代表の選手皆様。
本当にお疲れ様でした。そして日本に数多の感動を与えてくれてありがとうございました。
どうか皆様胸を張って日本へと帰ってきて下さいね。
少し気が早いような気もしますが、W杯はこれで終わりじゃない。
また4年後、さらなる飛躍に向けてこれからも頑張って下さい。


以上
QMAでスポーツの正解率が54%から55%に上がって
狂喜乱舞しているアホな嘘翡翠からの
歴史的一戦への言葉とさせて頂きます。

(やっぱり文章をまとめるのがヘタクソだ)
スポンサーサイト

オランダは強かった…

QMAでのスポーツの正解率はわずか54%という赤さの欠片すらない私が言うのも何ですが
昨日は仕事の時間帯とW杯日本vsオランダ戦の試合時間が被るという理由で
無理を言って休みを取らせて頂きました(笑)

わざわざ観るために休日を作ったのは
超が複数付くほど苦手なスポーツの中でも私が最も興味を持てていたのはサッカーであったこと。
そして先日の日本vsカメルーン戦に私自身大きく感動したこと、といった理由です。

私感ですが、今回のW杯予選における日本の前評判は、正直あまり良いものではなかったのではないかと思います。
何しろ対戦相手の3カ国はいずれも日本よりも格上とされる相手。
単純に最新のFIFAランキングで見ても、日本が45位という順位に対し、
カメルーンは19位、デンマークは36位、オランダに至っては4位という強豪達との対戦になった訳ですから。
奇しくも日本代表の監督はフランスW杯時と同じく岡ちゃんこと岡田武史監督。
フランスW杯よろしく、「どーせ日本は全敗で負けんじゃねーのww」などといった予想を立てていた人々も
結構自分の周りにはおりました。

しかし先日の日本vsカメルーン戦は
サッカード素人の私から見ても素直に感激できた試合だったように思えました。
遥か格上の存在であるカメルーンを無得点で抑え、勝ち点3を搾り取った日本。
岡田JAPANにおけるW杯予選の日本初勝利の瞬間でもありました。
本田選手が得点を挙げた時の、満面の笑みでガッツポーズをする岡田監督の姿は今でも忘れません。

実際この勝利により、各メディアから散々な評価を受けていた岡田JAPANも
あからさまな期待を向けられるようにもなりましたしね(笑)
来たるオランダ戦に向けても、日本にかけられていた期待はかなり大きかったと思います。
当然私自身も日本代表に大きな期待を持っていたのは言うまでもありません。

そんな中で迎えた昨日の日本vsオランダ戦。
前半終了時では両者とも無得点という形で終了し
この時点では日本のテレビの前の皆様も、テレビの中の皆様もまだまだチャンスを感じていたと思います。
実況の松木さんも「これからこれから」が口癖になったかのように仰っておられましたし(笑)

そんな日本の期待を打ち砕いたのは
後半開始8分後でのオランダのMFスナイデル選手による得点シュート。
日本のGK川島選手もこれは抑え切れず、日本は得点を許してしまいます。
その後日本も不屈の精神で攻撃にかかっていきますが
無念、試合終了まで得点は挙げられず、0-1で日本は敗北を喫しました。

これによりオランダ代表は総勝ち点6を挙げ、対する日本は勝ち点3。
今後のカメルーンやデンマークの動きにも関わって来ますが
まだまだ日本代表には決勝トナメ進出の希望が残っています。
やはり勝ち点3は大きいのではないでしょうか。

次の日本代表の対戦相手はデンマーク。オランダ程の強豪ではないのかも知れませんが、これまた格上の相手です。
決戦の日は6月24日。
オランダ代表相手に2得点を挙げられ敗北した国ですが、日本戦ではどう出てくるのか。
是非とも皆様、日本代表を全力で応援致しましょう!


…あ、金曜日に少しQMAやったんですが
またしてもドラフェニスパした事以外は特筆することもないんで割愛で(←
せめてもう少し野球とかの知識があったらなぁ……

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

中の人プロフィール

モジャラケ

Author:モジャラケ
わたしは もともとうそひすいけんじゃモジャラケ
げいのうにかんしては まったくもってくわしくありませんが
これでもくまではもともとひすいけんじゃです
ちなみにマージャンファイトクラブでは こうりゅうをなのっておりますが じつりょくはいまひとつです
ゆえに わたしはうそこうりゅうです
わたしがピ〇キオだったらおそらくはなのながさがもうちきゅういっしゅうぶんぐらいしてそうなほどかもしれません

ふけてみられることがおおいわがみですが
1988ねん6がつ6にちうまれ
これでもまだ25さいです
さんざんうそしょうごうをなのっているわたしですが これにかんしてはうそではありません
だからわたしをオッサンよばわりするのだけは どうかやめていただきたい
てんけいてきなBがたにんげんだとおもっていたのに
よくAがたといわれるのはいまだにりゆうがわかりません
マイペースでじこちゅうでめんどくさがりできぶんやでらくてんてきなわたしはどこからどうみてもBがたにんげんできまりでしょうに
げせぬ

おもにプレーしているアーケードゲームはじょうじゅつのとおりクイズマジックアカデミーとマージャンファイトクラブです
といっても さいきんはほとんどプレーできてはいませんが
くわしいことは したにありますそれぞれのプロフィールをごらんになってください

すきなゲームはトゥルーラブストーリーとかファイアーエムブレムとかせんごくむそうとかロックマンとかしょきのドラクエとかしょきのエフエフとかドラゴンボールとかポケモンとかブイまでのももてつとかほかたくさん
すきなまんがはカードキャプターさくらとからきすたとかけいおんとかドラゴンボールとかちょびっツとかきんだいちとかほかいろいろ
すきなえいがはダイハードとかマスクとかチャーリーズエンジェルとかホームアローンとかランボーとかミッションインポッシブルとかタワーリングインフェルノとかひとむかしまえのアメリカンニューシネマとかほかとてもたくさん
しゅみというものはいくらあげてもつきませんね
おかげでプロフィールらんがパンパンだぜ

とりあえず こんなかんじのなぞのじんぶつらしいです
よろしければ
ごいっしょさせてください

QMAプロフィール
KONAMIの大人気クイズゲーム、クイズマジックアカデミーにおける個人データ…は最新作の賢者の扉Season2では未だありません…というかそんなん作れるほどまだやってない(ぉ

※各QMA最終段位
QMA1~3:未プレー
QMA4:賢者五段
QMA5:白銀賢者五段
QMA6:嘘翡翠賢者
QMA7:嘘翡翠賢者六段
QMA8:白金賢者二段
QMA賢扉:大賢者三段

QMAは4からスタート、5までは自他共に認めるライトプレーヤーでしたが、当時は白銀賢者とかまで到達出来ただけで物凄い達成感を感じられていたのですから不思議なものです(←

今作のプレー方針は未だこれといって決まってはいませんが、QMA8終期の頃のような低いモチベを維持してしまうような事だけは取りあえず無くしたい…なぁ。願わくば今作は翡翠以外の宝石賢者も狙いたい!

…とか抜かしてた頃が懐かしく思える程に現在は色々あってスーパーライト化しておりますorzorz
先生、いつかまた6や7の頃のようにプレーできる時間が欲しいです……

まぁそんな訳で現在ではプレー出来る日の方が珍しくなっちゃってますが(泣)、マッチングした際にはよろしくお願い致します( ^ω^)
MFCプロフィール
KONAMIの大人気麻雀ゲーム、麻雀格闘倶楽部における個人データです。
画像がでか過ぎる所為で対局成績とか何も載ってないけどま、いいか(←


実はデビューはQMAよりも早く、4か5の頃にスタートしたのですが、段位獲得すらままならぬ程のスパイラルを長年続けておりましたので、QMA以上に実力は劣ると思いますorz

属性は一目瞭然で青龍ですが、青龍になった理由は一級時代に国士無双を和了れたから。
実際の指数を見てみると多分玄武です。本性はチキンだもんで←

現在黄龍レベル4。何故か大してプレーしてない割には着実にレベルが上がってます←
これは自分の雀力が上がってると実感して良いのだろうか…って、自惚れは禁物ですよね(;^ω^)

という訳で、こちらもマッチングした際には何卒お手柔らかにお願い致します( ^ω^)
とりあえず一言
夏が来る…夏が来てしまう…!俺の一年間で地獄とも呼べる灼熱の期間が…!就職とかだけじゃなくて、実際の気温的にも氷河期とかいっそ来てくれれば良いのに( ^  つω  ^ )
今日の名言(?)
「おれが こわくないのか? ほほー かんしん かんしん」(出典:ファイナルファンタジー)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。